前へ
次へ

靴を見ると肩こりがあるかどうかがわかる

外出するときには靴を履きますが、多くの人はオーダーメイドの靴は履かないでしょう。市販されているものをお店などで試着してしっくりくるもの、サイズは多少合わないもののデザインがいいからと選ぶ人もいます。スニーカーであればひもで調節しやすいのでそちらを履いている人もいるでしょう。この靴の裏を見るとその人に肩こりが発生しているかどうかがわかることがあるようです。かかと部分の減り方がどうなっているか確かめてみましょう。肩こりにはいろいろな原因があるとされますが、体のバランスが悪いと起こる可能性があります。体のバランスに問題がない人は靴のかかとの中央からついてそのまま蹴りだしますが、バランスが悪い人はかかとの外側や内側からついて蹴りだしています。肩こりに悩んでいるなら靴底を見て減り方に問題がないかチェックしてみましょう。治す方法としては合っている靴を履くことや、正しい姿勢を意識して歩くことなどがあります。

Page Top