前へ
次へ

事務職は肩こりに注意です

肩こりは若い時になるイメージは余りありませんが、社会人になって働き出すと発症する方が多く出てきます。体を動かす様な仕事よりは、動きが少ない事務職の方等に症状がでる傾向にあり、それには原因がしっかりと存在します。肩こりの原因は同じ姿勢を続ける事や眼精疲労等が影響してくるので、パソコンで書類を作成したりする事務職は肩こりになりやすい仕事に該当してきます。長時間トラックを運転する長距離トラックのドライバーの方等も同じ姿勢で運転を続けるので、症状が発症しやすいですから、事務職と同様に、症状が進行する前に軽いマッサージや運動で肩を適度に動かす事が大切です。肩こりになりやすい環境で働いている限りは、症状を完璧に治すのは難しいですが、少し意識して休憩する時間を各自で取り入れれば、症状が酷くなる状態は避けられます。初期症状を侮って、症状が進行した場合は、就寝する時等も痛みや違和感があり、睡眠にも支障が発生する可能性があります。

Page Top